私の部屋

Contents

01 本田宗一郎の宣言 1958年希望に夢を膨らませて社会への第一歩
02-1 南アフリカ雑感 1980年海外への夢を膨らませてアフリカの大地への第一歩
02-2 南ア思い出の写真集 1980年〜84年の間で8回、Total236日の思い出
03 歴史ある国イギリス 1985年BLとの交流プロジェクトで英国への第一歩
04 広大なアメリカ 1987年アメリカ大陸への第一歩
05 中国・台湾 1988年アジア大陸への第一歩  ※台湾一周16日間の旅
06 タイ・スケッチ集 1995年微笑みの国タイランドでの駐在生活
07 沖縄ドライブ旅行 年本土復帰30年目の沖縄を始めてレンタカードライブ
08 ヨーロッパ熟年旅行 ドイツ・ロマンチック街道・スイス・パリ・ロンドン熟年ツアー
09 タイ・チェンマイ旅行 3年ぶりの「微笑みの国」タイ・チェンマイ10日間の旅
10 伊勢国鈴鹿郡八十八箇所 「伊勢国鈴鹿郡八十八箇所」をチャ輪歩で巡拝
XX 四国八十八ヶ所 いつの日か?夢を抱いて同行二人お遍路へ・・・勉強中・・・

南アフリカ雑感
 日本からインド洋を一直線に横断して22時間余の空の旅を終え、南アフリカの玄関ヨハネスブルグに向かって機首が降り始めると、眼潔なヤンスマッツ空港に降り立ったとき、野生の国アフリカのイメージを抱いてやってきた私は超近代的な第一印象に驚かされた。下には果てしない草原と背の低い潅木類そして赤茶色の大地が延々と続き、その彼方に空を突き刺すように立ち並ぶ高層ビル、白く幾重にも交差するハイウエイ、緑に包まれた丘の上の住宅群、眼下いっぱいに広がる近代都市のたたずまいが大変な長旅と7時間の時差ボケの私の目を奪った。近代的で清潔なヤンスマッツ空港に降り立ったとき、野生の国アフリカのイメージを抱いてやってきた私は超近代的な第一印象に驚かされた。

南アフリカの総面積は約120万平方キロあり、日本(37万平方キロ)の約3.3倍にあたる。国土の大部分が温帯圏にあり同じアフリカといっても北端の一部熱帯圏を除き温暖な気候に恵まれている。南半球のため四季は日本の逆ですが夏季平均22℃冬季平均11℃と大変に過ごしやすい国です。その広い国土に総人口2200万人の典型的な多人種国家を築いており人口構成は大別して4グループにわかれ白人17%、カラード(混血)10%、インド・マレー系3%、バンツー族(黒人)70%となっている。日本人の地位はオノラリーホワイト(名誉白人)で日常生活において不便を感じることはありません。


 この国の政治、経済、役人はすべて白人が占めておりバンツー族インド・マレー系黒人は肉体労働が主で白人との貧富の差は極端に大きい。特質すべきことはアパルトヘイトと呼ばれる人種分離政策で建国以来の歴史的事情から生まれた非常に複雑な問題となっている。公用語は英語が広く通用しているがオランダ語から派生したアフリカーンスという言語もオランダ系市民の間に定着しており新聞、ラジオ、広告、道路標識に至るまですべてに両言語が併用され一民族一言語の中で育った者には奇妙に受け取れる。

全世界の74%の産出量をほこる金、ダイヤモンドをバックにしたこの国の富裕さは広大な国土を縦横に走る道路網にも見ることができる。アメリカ、カナダに次いで世界第3位の規模を誇る南アフリカの道路は全長32万キロで、そのうち28万キロは舗装され東名高速並みの道路が各都市間を延々と結ばれている。これらは全て無料のうえ貨物は原則として鉄道輸送によると規定されているのでトラックは少なく車の流れは実にスムーズです。

南アフリカの表玄関ヨハネスブルグは経済都市で海抜1800mの高原地帯のまっただ中に1886年世界最大の金鉱脈発見でできた金鉱の町が、ゴールドラッシュとともに急激発展を遂げたもので町の周囲にそびえるボタ山群が昔の面影をしのばせてくれる。

南アフリカ行政府の首都プレトリアは、海抜1,400mの高原にある都市でヨハネスブルグからは60キロ。サバンナの中を一直線に切りひらいたすばらしいハイウエイをガンガン飛ばし40分ほどで到着します。街路樹が多く優雅な所で、折から全市が日本の桜に似た藤色の花を咲かせるジャカランダが一斉に咲き素晴しい景観でした。


南アフリカの思い出写真集 その-1へどうぞ!

HomePage-Top
私の部屋TOP 本田宗一郎の宣言 歴史あるイギリス タイ・スケッチ集
沖縄ドライブ旅行 ヨーロッパ熟年旅行